エコ生活 太陽光発電 エコ発電

エコキュート
太陽光発電
IHクッキングヒーター
新品家電
蓄電池
あなたの暮らし
あなたの暮らし

よくある質問

太陽光発電について<全般>

太陽光発電システムの仕組みは?
太陽光と利用して発電し、余った電気は電力会社に売り、足りないときは買うシステムです。
電力会社との連係で自動的に電気の売買が行われるシステムです。
お湯を作るの?
いいえ、電気を作ります。
太陽エネルギー利用というと太陽熱を利用した温水器のイメージが強いようですが、太陽熱利用と太陽光発電は全く別のものです。太陽光発電はご家庭でお使いの電化製品などに使う電気をつくります。
電気をためて使うの?
現在お勧めしているシステムは電力会社と系統連系をおこなうもので蓄電は行いません。
電力の足りない時は、今まで通り電力会社より電気を買うシステムです。
曇りや雨の日は電気を使えないの?
いいえ、使えます。
発電量は落ちてしまいますが、家庭の電気が使えなくなってしまうわけではありません。
曇りや雨の日など発電量が低下した時は、不足分の電気を電力会社から買って使うことで賄います。 日常生活には何ら支障ありません。
天候(晴れ・曇り・雨)で発電量はどれくらい変わりますか?
晴れの日を100としますと、曇りで40〜60、雨で12〜20くらいです。雨の日でも発電量はゼロではありません。
季節によって発電量は変わりますか?
季節による「外気温の変化」と「日射時間の変化」により、発電量は変化します。
地域により多少の違いはありますが、4月〜5月頃と7月〜8月頃の発電量が多くなります。
発電した電気が余ったらどうするの?
発電量の多い昼間に余った電力は、みなさんが電力会社に支払っている電気代とほぼ同じ単価で電力会社が買取ってくれます。またこの電気売買システムは、電力会社の取引メーターによって自動的に行われますので、面倒な手間は一切かかりません。
発電状況は確認できますか?
パワーコンデイショナー・モニターなどで瞬時発電電力、積算発電電力量、運転状態などを確認する事ができます。
発電すると、音はでますか?
太陽電池からは音はでませんが、パワーコンデイショナーからわずかな音はでます。

太陽光発電について<費用>

費用はどのくらい?
設置環境によって異なりますが、1kW当り70万円〜85万円が目安となります。
一般的なご家庭では2kW〜4kWのシステムを設置するケースが殆どですが、3kWで平均的な家庭の使用電力の約70%を賄えるといわれています。
補助金が出るの?
あります。 経済産業省の関連団体である「財団法人新エネルギー財団」を通じて設置費用の一部が補助金として支給されています。
ローンはないの?
あります。太陽光発電システム設置のための低金利のソーラーローンをご用意しております。
最長15年間でのお支払いが可能ですので、毎月の電気代の削減分で、ご負担額の一部を賄いながら設置していただく事が可能です。
太陽光発電システムを設置した場合、お得な電力会社の電灯契約はありますか ?
現在「従量電灯」契約の場合には「時間帯別」電灯契約にすることで、昼間発電し余った電気を割高で売ることができます。又エコキュートの設置により夜間の割安な電気を使用することでますます電気料金を節約できます。
ガスを使わない「オール電化」契約ですとさらにお得です。
電気を売れるって本当ですか?
本当です。
太陽電池で発電した電気は照明器具や家電製品などに使われ、余った場合には自動的に電力会社に売る事が出来ます 。
home